ベビーマッサージのQ&A

ベビーマッサージについて

ベビーマッサージは、何ヶ月くらいからできるの?

健康な赤ちゃんであれば生後すぐにでもできますが、出産を終えたママさんの体調回復や赤ちゃんのお世話になれる時間がまず大切♪ですから、落ち着く2ヶ月~3か月くらいから始めましょう。
出産後に赤ちゃんを抱っこして、背中をさすったり、頬にキスしたり…これらもベビーマッサージの一部です。

 

ベビーマッサージはどんな風にするの?  

マッサージを覚えて、家でも出来るようにインストラクターが、お人形を使って説明しますので、それを見ながらママが赤ちゃんにマッサージをしてあげます。

 

赤ちゃんが泣き出してしまったり、眠ってしまったりしたときなど、マッサージができなかったらどうなりますか? 

新生児サイズのお人形を準備しておりますので、お人形でレッスンして家で赤ちゃんにマッサージしてあげてください。

 

赤ちゃんが成長して、レッスンどおりにベビーマッサージが出来なくなったり、やり方がわからなくなったりしたら、どうたらいいですか?

おさらいレッスンをご用意しています。月齢が変わると、うつ伏せがやりにくくなったり、座ったままの姿勢がお気に入りになったりします。月齢にあわせたマッ サージ方法でレッスンしていきましょう。

 

ベビーマッサージは、夫や祖父母でもできますか?

大丈夫です。多くの受講者はママですが、ママと一緒にパパや、お孫さんのためにとお婆ちゃんもいらっしゃいます。

 

急なキャンセルの場合、キャンセル料は発生しますか?

赤ちゃんと(プレ)ママ、それぞれの体調に合わせて行います。振替可能ですので、キャンセルの際は必ずお電話く ださい。

 

その他、ご質問や気になることがございましたらお気軽にお問合せください。

 

オイルについて

赤ちゃんが手に付いたオイルを舐めてしまっても平気ですか? 

品質のしっかりとしたオイルであれば、 多少手に付いた分を舐めてしまっても問題はありません。 

ベビーマッサージ中に赤ちゃんの手の平にオイルが付く場面があると思いますが、その程度であればそのままで構わないです。気になるようでしたら、タオルでふき取ってください。 

 

ベビーマッサージのときに使うオイルの量、目安を教えてください。

オイルの量の目安は、マッサージをしていて滑りがいいことです。

ベビーの肌がツルツル・すべすべしていれば合格!オイルは「多すぎる」ことはありません。逆に少ないと肌を摩擦で刺激してしまいます。ですからたっぷり使いましょう。

 

マッサージ終了後オイルが余ってしまいました。ボトルに戻してもいいですか?

一回外に出したオイルは絶対にボトルに戻さないでください。

オイルは酸素に触れた途端から腐敗が始まります。特にベビーマッサージに使う植物性オイルは防腐剤などが入っていないものが多いです。
市販の鉱物オイルであっても取り出したオイルは戻さないでくださいね。

ベビーマッサージ後に余ったオイルはママの肌につけてママもしっとり肌を保ちましょう。

 

赤ちゃんはエッセンシャルオイルは使えるの?

市販の製品では匂い付きも多いですし、一概に「だめ」とは言えません。が、パパママエイドではホホバオイルのみで天然精油は使用しません。3回コースの方には、最終回に最小限のオイルでお試ししていただくことも可能です。安心できる精油も紹介しながらトライしてみましょう。

 

その他、ご質問や気になることがございましたらお気軽にお問合せください。

赤ちゃんのお肌は一見プルプル。でも!!

3か月を過ぎたあたりでひ皮脂量は減り、お肌は乾燥がちになります

一見、ぷるぷるうるおってみえる赤ちゃんのお肌。でも実は、バリア機能が未熟で外からの影響を受けやすく、皮脂の量も少ないことから、意外にも乾燥しやすくなっています。そして、乾燥していると、より外からの刺激を受けやすい敏感な肌になりがちです。

生まれたばかりのときは、お母さんのホルモンを受け継いでいるので、皮脂の分泌も活発で大人並み。よく生後1-2か月頃に乳児湿疹がでますよね。でも3ヶ月を過ぎたあたりで皮脂量がぐっと減り、お肌は乾燥しがちに。ローションやオイルで油分を補ってあげることが大切です。

その際にベビーマッサージをすれば、肌にも心も潤って一石二鳥!!

さあ!興味を持ったママさん、パパさんたちはまずは実行!

楽しいスキンシップの時間となるようお手伝いをさせていただきますので、お気軽にお問合せください。